ホーム株の話現物投資ETFテクニカル分析注文方法

ETFで稼ぐ

ffh7kkse ETFとは、Exchange Traded Fundの略で上場投資信託のことです。MRFやMMFと同じ投資信託の一種となります。

<ETFの特徴>

ETFは証券取引所に上場しており、TOPIXなどの指数に連動して動くことを目的としています。投資信託でありながら、株と同様に売買のできる金融商品です。考え方や取引方法も、株とほとんど同じと考えてよいでしょう。そのため、配当金を受け取ることもできます。

株式の場合、個々の企業についていろいろと調べる必要があります。たくさんある企業の中から、「買い」だと思う企業を見つけるだけでも大変である上に、株価が高くて手が出せない場合もあります。

ETFには様々な種類があり、売買単位も商品ごとに異なります。最低購入額は、数千円からという商品もあるので小額投資も可能です。しかし、取引金額に応じた売買手数料がかかりますので注意しましょう。

ETFは、国内だけでなく海外ETFや金ETFなどの種類があります。(証券会社により、取り扱っているETFは異なります。)海外ETFは、海外の証券取引所に上場しており、海外の様々な指数に連動することを目的としています。米国ETFや中国ETFが代表的です。

また、金ETFは金価格に連動して動くことを目的としています。実際に実物資産である純金を購入するわけではありません。金ETFの場合、配当金などはつかないということも注意しておきましょう。ETFもNISAに対応しています。

<ETFの安全性>

ETFの場合は株と異なり、一つのETF商品を選んでも自然と投資先が分散されますのでリスク分散が容易になります。TOPIXと連動したETFの場合、上場企業の株価指数となるので安全性高く、投資初心者の方にもおすすめと言えるでしょう。投資信託でも、積立て型ではないのでドルコスト平均法によるリスク低減は期待できません。上場投資信託には、インデックス型とアクティブ型と呼ばれる2つの運用方針があります。

インデックス型は指数に合わせた動きを目標としているのに対して、アクティブ型は、指数を上回る運用を目標とするものです。どちらにもメリットデメリットはありますが、初心者の方にはインデックス型の投資信託、またはバイナリーといわれるハイローオーストラリアが向いています。アクティブ型は、リスクも高い傾向にあります。

気になる情報
教えます

カテゴリー
リスク管理

サイトインフォ
ご利用規約について
サイト責任者

デモトレード
私は本番のFXを始める前に業者が提供しているデモトレードで数ヶ月くらい取引方法を学んでいて、その経験が今やっている実際のトレードに大きく役立っていると思います。

デモトレードなんて遊びみたいなもので本番とは心構えも違ってくるなんて言われていても、やっぱり基本的な使い方に慣れて色々経験しておくことは初心者の致命的なミスを避けるのに効果があります。

テクニカルも使いこなせるようになったし、まだ少しずつですが勝ち続けて利益も出ているからFX取引は私にとって貴重な収入源になりました。