ホーム株の話現物投資ETFテクニカル分析注文方法

FXの様々な使い方とリスク管理について

ffkeekkse FXにおけるリスクを意識した使い方として、ローリスクローリターンの低レバレッジでの取引があります。外貨預金と同じくスワップによる金利差利益を得ることも出来ます。取引をメインとするのではなく、スワップ収入をメインとしてFXをすることも出来ます。24OPTION | 24オプション.biz 口座開設では、FXは非常に人気で取引する人が多く数百兆円もの市場となっているため、どの海外金融商品よりも流動性に富んでいます。

FXで大損したという話もよく聞かれるためか、FXはリスクが高いと思われがちです。しかし、リスク管理をしっかり行えば、外貨預金や外貨MMFよりもメリットが多い海外金融商品と言えるでしょう。実際に、FXで取引するなら、最低でも証拠金として専用口座に預けるお金は5万円~10万円ほど必要と考えてください。

FXでの取引数量は最低で1000通貨からです。(FX会社により最低取引数量や必要証拠金は異なります)仮に、「米ドル買」を1000通貨分すると5千円前後の必要証拠金が必要となります。口座に5万円保有していた場合、レバレッジ2.4倍、口座に10万円保有していれば、レバレッジ1.2倍となります。より金利利益を得たいのであれば、50万円くらいはあると効率的に取引できます。

FXは基本的に24時間取引が可能で、取引数量を決めて注文を出せば即座に成立されます。(ただしトルコリラなど取引量の少ない通貨には例外もあります。)自分の好きな時に、自由に取引できるというのはこの上ないメリットと言えるでしょう。

デイトレードというと株式投資もありますが、残念ながら株式投資は取引時間が限定されています。FXは土日を除き1日中デイトレードをすることが可能という非常に便利な投資手段ということになります。つまり、外貨預金や外貨MMFでは、取引に時間がかかってイライラするという人や、デイトレードをしたいと考えている人には、FXが一番適した金融商品と言えるでしょう。

注意点としましては、祝日は取引できるものの、元旦やクリスマスといった特定の祝日には一部制限が設けられており取引時間が短くなっている場合があります。また、ニューヨーク取引が終える日本時間の早朝の取引が少ない時間帯や、逆に市場が混乱し非常に活発になった時などは、為替レートのスプレッドに大きな開きが生じる場合があります。

<他の金融商品と比較したときのFXとは>

FXというとハイリスクなイメージが強いかと思いますが、それは高いレバレッジをかけて取引を行った場合のことです。本質は外貨預金ですので、他の投資方法と比べても低リスク低リターンになると考えられます。高いレバレッジをかけることは、もはやギャンブルと同じになってしまいます。

通貨というのは非常に予測が困難です。どんなに実力のあるFXトレーダーでさえ完ぺきな予測はできないでしょう。つまり、ギャンブル感覚で成果を継続してあげることはできないといった方がいいでしょう。

賢く外貨でお金を増やしたい場合、日本円を外貨に替え海外株式や海外ETFの金融商品を買う方法があります。また、円建ての投資信託を利用して、海外資産で稼ぐ方法もあります。

ただ、ある程度の知識を持っていないとリスクが高く、初心者には不向きと言えます。そのため、外貨の金融投資を行いたい初心者には、リスク管理が比較的容易なFXが一番適していると言えるでしょう。

気になる情報
教えます

カテゴリー
リスク管理

サイトインフォ
ご利用規約について
サイト責任者

デモトレード
私は本番のFXを始める前に業者が提供しているデモトレードで数ヶ月くらい取引方法を学んでいて、その経験が今やっている実際のトレードに大きく役立っていると思います。

デモトレードなんて遊びみたいなもので本番とは心構えも違ってくるなんて言われていても、やっぱり基本的な使い方に慣れて色々経験しておくことは初心者の致命的なミスを避けるのに効果があります。

テクニカルも使いこなせるようになったし、まだ少しずつですが勝ち続けて利益も出ているからFX取引は私にとって貴重な収入源になりました。