ホーム株の話現物投資ETFテクニカル分析注文方法

現物購入(現物投資)と不動産経営について

fs6987ie REITは小額からの投資信託なのでリスクも低くなっています。一方の現物投資で土地や建物を購入して投資をおこなう場合について説明します。

<不動産投資の特徴>

まず、稼ぎ方としては2つあります。ひとつは、購入した不動産を貸し出して賃貸収入(インカムゲイン)を得ることですもうひとつは、購入した不動産の物価が上昇したときに売却して売却差益(キャピタルゲイン)を得ることです。現物投資なので高い買い物になることは覚悟しましょう。とにかく、よく調べて物件を選ぶ必要があります。

不動産を買うお金が足りない場合は、融資(ローン・借金)を利用することになります。賃貸収入を目的とした投資を行う場合、経営に時間をかける必要があり、投資というよりも仕事に近い感覚だと思われます。それというのも、仲介業者や清掃業者、入居者と関わることも多く、トラブルの発生も起こり得るためコミュニケーション能力が必要となってきます。

また、不動産には固定資産税がかかるので、購入費用とは別に毎年税金を納める必要が出てきます。数十年経過すると、アパートやマンションはリフォームやリノベーションなどを必要とする場合もあります。運用するには、リフォーム費用も考慮する必要が出てくるでしょう。

とにかく、先々の支出のことも考えたうえで投資をする必要があります。売却差益を目的とした投資の場合であっても、売却にかかる税金を考慮すると5年以上は保有することになるかと思われます。その間、不動産を放置しておくわけにもいかず、手間暇はかかることになります。

<不動産投資の安全性>

初期投資、ランニングコストともに高く、ハイリスクな投資と言えるでしょう。もちろん、初期投資費用はローンを組むことも可能ですが、必ず返済できるか不透明な部分も多くなります。

賃貸経営をする場合、借りてくれる人がいなければ賃貸収入が入ってきません。利用者が住みたいと思うような土地、建物を選び、魅力ある不動産となるようにする必要があります。他の物件との差別化を図り、空き部屋を作らない工夫をしましょう。

とにかく、不動産に関する知識として建物、土地、税金、経営など、たくさんのことを勉強してリスクに備える必要があります。一方で、リスクが高い分、競争率は低い傾向にあります。元々の地主が不動産業者に管理運営を任せっきりにしていることも多く、まだまだ入居者の満足度を高めるクオリティーある物件が十分とは言えません。

ネットだけでなく、実際に現場に足を運び下調べ・情報収集を行いましょう。十分な知識を持って、不動産経営を行えばしっかりと賃貸収入を稼ぐことも可能でしょう。

レファレンス: highlow.pw

気になる情報
教えます

カテゴリー
リスク管理

サイトインフォ
ご利用規約について
サイト責任者

デモトレード
私は本番のFXを始める前に業者が提供しているデモトレードで数ヶ月くらい取引方法を学んでいて、その経験が今やっている実際のトレードに大きく役立っていると思います。

デモトレードなんて遊びみたいなもので本番とは心構えも違ってくるなんて言われていても、やっぱり基本的な使い方に慣れて色々経験しておくことは初心者の致命的なミスを避けるのに効果があります。

テクニカルも使いこなせるようになったし、まだ少しずつですが勝ち続けて利益も出ているからFX取引は私にとって貴重な収入源になりました。