ホーム株の話現物投資ETFテクニカル分析注文方法

株はギャンブルではない!初心者でも分かる株の話

fsfdyukse 株っていうと、一般的なイメージとしては、

●金儲け
●ギャンブル
●難しい

といった声が聞こえてきそうですが、実際は、バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記の情報によると

●経済の勉強になる
●金儲け
●勝つにはある程度法則がある

といった感じになっています。一時期、株で儲けている人がTVに出演することが多かったですが、儲けている人よりも、失敗している人の方が印象的だったのではないでしょうか?

成功している輝かしい部分よりも、失敗して人生を狂わす方が強く記憶に残るものです。確かに株で成功している人もいれば、失敗する人もいます。しかし、勝つ人と負ける人の違いはあり、負ける人は、感情的になってしまう人がかなり多いのです。投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットという人の名言でこんな言葉があります。

「お金に関して感情的になってしまう人は、自分が何をやっているのかわからぬまま、市場の上げ下げに振り回されてしまう。」

実は、株で負けてしまっている人は、感情的になってしまい、欲を出しすぎて損切りができない場合が多いのです。損切りというのは、株で負けたときに損を最小限に抑えることをいいます。

株の価値が下がったのに対して、「あ~、下がった~。もう最悪。ここから上がらないかな~。」といったように考えていたら、損は大きくなる一方です。ですので、株は運やテクニックよりメンタルが一番重要になってきます。

株の仕組み

会社が新しい事業を始めるには、沢山のお金が必要になってきます。これを自分一人の力だけで用意しようと思うと大変なので、他人にお金を借りるのが一般的です。

お金を借りる方法として、大きく分けて2つの方法があります。それは、銀行からお金を借りる方法(借入)と株を発行する(出資)の2つがあります。これらの違いは、借入はお金を返さないといけないのに対して、出資はお金を返す義務はありません。ですので、銀行からお金を借りるより、株を発行してお金を集めた方がはるかに楽です。事業に失敗してもお金を返さなくていいので、余計なこと考えずに集中することができるでしょう。

株式会社とは?

株式会社とは、株を発行して出資してもらった会社のことをいいます。株式会社は、株主みんなのものなので、株主の意見を聞くのが当たり前のはずなのですが、昔から社長の方が権限が高く、株主の立場は軽視されてきました。現在は、小株主に対する対応でも手厚くされる傾向だそうです。

株式はインフレ化・円安化に強い

株はインフレで円安になると物価はあがり、デフレになると株価は下がります。インフレとは、インフレーション(inflation)の略で、モノやサービスの全体の価格が上がることを意味します。デフレは、デフレーション(Deflation)の略で、モノやサービスの全体の価格が下がることを意味します。インフレになれば、モノやサービスに対する需要が高くなっているということですので、その分会社の売上は上がります。会社の売上が上がれば、株主に利益を還元してくれますので、インフレは株投資家にとってよい期間なのです。

デフレの歴史

日本の1990年~2010年の間は、「失われた20年」と言われていて、20年間の経済低迷が続きました。今後、国の方針としては、円安化を進める為に、借金がどんどん増えていき、国策として通貨を増やすことでインフレを狙うことでしょう。ですので、株をやるのは今が旬なのです。

株と債券の違い

株と債券はまったく違う資産です。株は会社に必要な資金を出資して、企業の業績が上がればその分配当を受けることができますが、債権の場合は出資ではなく、借用ですので、期限が来たら利子がついて返ってきます。

一般的に株は債券に比べて、ばくちのようなギャンブルといったイメージが強いですが、株は決してギャンブルではありません。
株はメンタル勝負のゲームです。最初の方でいいましたが、株は損切りを上手くできるかにかかっています。

気になる情報
教えます

カテゴリー
リスク管理

サイトインフォ
ご利用規約について
サイト責任者

デモトレード
私は本番のFXを始める前に業者が提供しているデモトレードで数ヶ月くらい取引方法を学んでいて、その経験が今やっている実際のトレードに大きく役立っていると思います。

デモトレードなんて遊びみたいなもので本番とは心構えも違ってくるなんて言われていても、やっぱり基本的な使い方に慣れて色々経験しておくことは初心者の致命的なミスを避けるのに効果があります。

テクニカルも使いこなせるようになったし、まだ少しずつですが勝ち続けて利益も出ているからFX取引は私にとって貴重な収入源になりました。