ホーム株の話現物投資ETFテクニカル分析注文方法

FXで勝つための「テクニカル分析」とは?

FX(海外為替証拠金取引)等の投資を行う上で、重要となるのが情報の分析です。
「テクニカル分析」(Technical analysis)という言葉を耳にしたことがある…という人も多いのではないでしょうか?
テクニカル分析とは、取引の従来までの実績や経済情報、市場動向等を総合的に分析した「テクニカル指標」を使い、予測をする際の判断材料とする手法を指します。

テクニカル分析は、一度ルールを作成すれば様々な通貨で同じルールを適用可能であるため、分析の手間が比較的軽めです。
常に大量のデータを解析しなくてはならないファンダメンタルズ分析に比べて、この点は良い点であると言えるでしょう。
反対にアクシデント的な相場の動きにはやや対応しにくいので、ファンダメンタルズ分析と合わせての分析が理想であるとされています。

使用されるテクニカル指標にも様々なものがありますが、大きく分けると以下の2つに分類可能です。

【1】トレンド系指標
トレンド系指標とは、市場の方向性を目的とした指標を指します。
長期・中期の予測を見定める際に便利です。

・移動平均線
・ボリンジャー・バンド
・一目均衡表
・ローソク足(キャンドルスティック)

【2】オシレーター系指標
オシレーター系指標とは、現在の方向性の強さ、変化の大きさ、大きな変化の兆候の予測を行う指標です。
短期的な動向を見定める際に使用します。

・サイコロジカルライン
・ストキャスティックス

●ローソク足を覚えよう!
トレンド系指標の中でメジャーかつ基礎的な分析法が「ローソク足」です。
日本で考えだされた分析法ですが、その便利さから現在では海外投資家にも愛用されるようになっています。

表示値が「始値」「高値」「安値」「終値」の4つでいずれも市場変動における基礎的な値であること、また視覚的に市場の動向がつかみやすいという点から見ても、初心者が学んでおいてソンの無い分析方法であると言えるでしょう。
もちろん全てのローソク足の形状を一度に覚えようとするのはなかなか大変なので、まずは基礎的部分から覚えるだけでも十分です。
実践的な取引を行う中でよく出てくるローソク足の形を覚えておき、そこから学ぶというのも手ですよ。

●トレンドって何?
投資におけるトレンドとは、株や為替の長期的な動きを指します。
市場の安値・高値が両方共に上昇していれば「上昇トレンド」ということになりますし、反対に安値も高値も下降しているようであれば「下降トレンド」ということになるのです。
流れ・動きのある取引では「トレンド」と言う言葉は頻繁に使われますが、特に通貨(為替)はトレンドの生まれやすい銘柄であると言われています。
通貨を扱う取引であるFXを行う上で、トレンドを抑え、その流れに乗ることは絶対条件であると言えるでしょう。

日々が忙しくあまり取引に時間を避けないという人の場合、例えば主要トレンドだけを分析しておき、実際の売買取引についてはMetaTrader4等の自動売買システムに任せてしまうという手法を取ることもできます。

サラリーマンや主婦層等、生活のスキマ時間を使って投資に取り組みたいという人達の間でFXの人気が高まっているのには、このような手段が使えるからという理由もあるのでしょう。
ただし自動売買システムを使用するには、ツールを扱える業者を選ぶことが大切です。
ツールや分析システムの準備が整った業者をキチンと選ぶことが、FXでリターンを掴む結果に繋がるのではないでしょうか。

気になる情報
教えます

カテゴリー
リスク管理

サイトインフォ
ご利用規約について
サイト責任者

デモトレード
私は本番のFXを始める前に業者が提供しているデモトレードで数ヶ月くらい取引方法を学んでいて、その経験が今やっている実際のトレードに大きく役立っていると思います。

デモトレードなんて遊びみたいなもので本番とは心構えも違ってくるなんて言われていても、やっぱり基本的な使い方に慣れて色々経験しておくことは初心者の致命的なミスを避けるのに効果があります。

テクニカルも使いこなせるようになったし、まだ少しずつですが勝ち続けて利益も出ているからFX取引は私にとって貴重な収入源になりました。